*
次回大会のご案内 心理教育・家族教室ネットワーク 第17回研究集会(仙台大会)会期 平成26年3月7日(金)~8日(土)

第16回心理教育・家族教室ネットワーク岡山大会へご参加の皆さま
ありがとうございました

 「ひろがりゆく 心理教育」を大会テーマとして、2013年2月28日(木)〜3月1日(金)に開催した大会は、約500名、延べ人数約700名の参加を得て、無事に終了させて戴きました。ご参加の皆さまのご協力と暖かいご支援に心より感謝の意をお届けしたいと思います。
 特に、国立のぞみの園診療所所長 有賀道生先生、まな星クリニック院長 中島洋子先生に座長をお願いしたシンポジウム1「発達障害と心理教育」は、発達障害について如何に対応していくのか、活発な議論が行われ、またもう一つのシンポジウム「岡山での心理教育のひろがり」は、南浜病院院長の後藤雅博先生と三野善央副大会長の座長で、本学会の全国への活動の拡大・啓発への話し合いが行われ、たいへん充実したものになったのではないかと思っています。また、各コーディネーターに準備から大会当日の進行、講演などをお願いした10分科会は、さすがに全国の精神科臨床で活躍しておられる方々だけに有意義なものになりました。お世話になった各先生に厚くお礼を申し上げます。
 今回の研究集会は、岡山県の心理教育・家族教室ネットワークの取り組みや活動を通して出会い、連携を深めてきた多施設・多職種のメンバーが中心となって企画・運営し、実行委員長の佐藤創一郎を中心として、引地、和気、菅原などが会議を重ね、協賛企業やボランティアの皆さまの協力を得て開催することができました。特筆すべきは開催の当初のプログラミングから大会の最後まで心配りを戴いた後藤雅博先生、久留米大学精神神経科 内野俊郎先生にはお世話になりました。重ねてお礼を申し述べたいと思います。  
 本研究集会の終了にあたり、心理教育がもたらしたつながりが、「心理教育の実践と可能性のひろがり」、そして「心理教育を通したひろがり」になりますように・・・の思いが繋がりますように祈念して本研究集会のお礼といたします。来年の仙台大会でお会いしたいと思います。ありがとうございました。
 

2013(平成25)年3月
第16回心理教育・家族教室ネットワーク研究集会(岡山大会)
会長 (慈圭病院) 堀井茂男

第16回心理教育・家族教室ネットワーク研究集会岡山大会が無事終了いたしました。

参加者のみなさま
これも、多数の熱心な方々がいらっしゃってこそのことです。
心から感謝いたします。
この熱気により、かならず精神医療・保健・福祉のレベルアップはできると希望がもてました。
 
運営委員をはじめ、ネットワークのみなさま
的確なご助言やご支援をいただけたことはとても心強いものでした。
心から感謝いたします。
本大会のテーマの通り「ひろがりゆく」ことの力強さを実感しました。

本大会の趣旨にご理解とご協力をいただきました、多くの病院・施設・団体・企業のみなさま
直接的なサポートがなければ十分な運営はあり得ませんでした。
心から感謝いたします。
社会全体の問題としてメンタルヘルスへの関心が「ひろがりゆく」ことでの可能性を感じました。
 
そして、
本大会の実行委員の仲間たち
「つながり」「ひろがり」のもたらす無限のチカラがこんなに身近にあることに気づかせてくれました。
ありがとう。
一年間、一緒に仕事が出来て、楽しかった。
 
この大会は終わりましたが、会を通しての出会いが「つづいて」いくことで何かを生み出すことになれば、運営に関わったものとしてこれ以上幸せなことはありません。
 
ここから続くあゆみを続け、仙台大会でお目にかかりましょう。
 

第16回心理教育・家族教室ネットワーク研究集会(岡山大会) 
実行委員長 (慈圭病院) 佐藤創一郎

更新履歴

    2013.3.19 new!
    次回、心理教育・家族教室ネットワーク 第17回研究集会(仙台大会)は、「はじめよう家族教室 ふかめよう心理教育」を大会テーマに、平成26年3月7日(金)~8日(土)に開催されます。
    2013.3.13
    大会終了にともない会長、実行委員長からのあいさつを掲載いたしました。
    2013.3.8
    第16回研究集会(岡山大会)は2013年2月28日・3月1日の2日間の会期で終了しました。

リンク

心理教育・家族教室ネットワーク