検査課

理念

  1. 迅速、かつ正確、丁寧な検査を心がける
  2. 対象の重みを自覚する
  3. 検査技師として自信と責任を持つ

業務概要

臨床検査は患者の皆さんの病気を正しく診断したり、治療の方針を決めたりするために、さらに治療効果を判定するためになくてはならない過程です。検査課は、的確な臨床検査を行ない、診療側へ結果を速やかに報告しています。

検査内容

検査課の基本的な業務は、検体検査と生理機能検査に大別されます。

検体検査

1.生化学検査

血清中の酵素、脂質、糖質、ホルモンなどを測定し、臓器の状態を調べます。また血中薬物濃度(リチウム検査を含む)を測定し、服薬の管理が適切に行なわれているかを確認します。


生化学検査、血中薬物濃度検査

リチウム検査
 ホルモン検査

2.血液検査

血液中の赤血球や白血球などの算定と分類を行ない、貧血や感染の有無や出血や止血機構に異常がないかを検査します。また、赤血球沈降速度(血沈)を調べ炎症の有無や貧血なども検査しています。


血液検査

赤血球沈降速度(血沈)

3.免疫検査

梅毒、ウイルス性肝炎、インフルエンザなどの感染症に感染症に感染しているか、否かを調べます。
他にリウマチ検査、妊娠検査も行なっています。

4.尿・便検査

尿中の糖、蛋白などを測定することで、糖尿病、腎臓疾患、尿路感染症などの有無を調べます。また、癌や炎症による消化管出血の有無を調べる便潜血反応、体の中に寄生虫がいないかを調べる便虫卵検査、髄膜炎を疑う時に調べる髄液検査なども行なっています。

5.細菌検査

結核菌、一般細菌感染症などについて調べます。


尿検査

細菌検査

生理機能検査

1.心電図検査

心臓の働きを調べる検査で、不整脈や心筋梗塞などがわかります。
また、日常生活中の心電図を24時間記録し、発作性の不整脈や狭心症なども調べます。

2.脳波検査

脳の神経細胞の電気的活動を頭皮上から記録し、てんかん、脳腫瘍、脳血管性障害などを調べます。


脳波検査

心電図検査

3.眼底カメラ検査

糖尿病や高血圧などにより引き起こされる、網膜や網膜にある血管の異常を撮影します。

4.超音波検査(エコー検査)

超音波(エコー)を使って、内臓の状態を調べます。

5.血液ガス分析検査

動脈血中の酸素(O2)や二酸化炭素(CO2)の量などを測定し呼吸状態を調べます。

 血液ガス分析

6.聴力・視力検査

聴力および視力測定専用機器を用い、難聴がないか、近視・遠視がないかを調べます。

ページの先頭

広報誌「きょうちくとう」

メンタルヘルス講座

クラブ活動

精神科医ライオン先生

新人ソーシャルワーカーこぼとけくん日記

イのシシタロウとウリ坊の突進インタビュー