みなさん「精神科作業療法」をご存知ですか?  精神科の治療のひとつである「精神科作業療法」について 「何を」「何のために」行っているのか、ご紹介したいと思います。

精神科の治療の中には、
『薬物療法』『精神療法』『作業療法』
などがあります。

精神科作業療法ってなに?

病によって、日常の生活に支障が生じた方が「したいと思っていること」「必要だと思っていること」を、さまざまな作業療法プログラムを通して一緒に考え、練習し、自分らしい健康的な生活が送れるようにするリハビリテーションのひとつです。

精神科作業療法の目的は?

症状の軽減と安心して過ごせる場の獲得

安心して休息できる環境と、個々に合わせた活動を獲得し、症状による「不安」や「混乱」を和らげます。
心身機能の回復
活動への取り組みやグループ内での他者との交流をとおして、自信の回復をはかり、心身機能の向上を目指します。
自分らしい生活を作る
持っている能力を最大限に活かしながら、生活に必要な知識や技術の修得と、取り巻く環境の調整を行い、その人らしい生活作りを目指します。

作業療法で何をしているの?

現在、当院で行っている作業療法プログラムを紹介します。

クラフトグループ

『ゆっくりとした時間』『趣味や楽しみ』『気分転換』を目的に、手工芸・音楽鑑賞・カラオケやゲームなど好きな活動を自分のペースで楽しみます。

ワーキンググループ

『体力づくり』『職場復帰』を目的に、役割 を分担しながら、箱折りや箸入れなどの軽作業を行います。

園芸グループ

『体力づくり』『達成感』『人付き合いの練習』を目的に、小グループで病院の畑で作物を育てます。

各種クラブ活動

「絵画・茶道・華道・料理・コーラス・ストレッチ」の各クラブを院内外より講師の先生を招いて行っています。また、体力づくりとしては「健康教室」「スポーツ」などもあります。

病棟プログラム

各病棟内でも目的に合わせ、グループや個別にてプログラムを行っています。 『楽しみ』『気分転換』『没頭できる時間』などを目的に、趣味的な活動・体力づくり・外出活動などがあります。

SST(社会生活技能訓練)・心理教育

今後の生活に役立つ知識と技術を身につけるために、病気に関しての勉強会や生活技能訓練などを行います。

退院前プログラム

スムーズな社会参加を進めるために、退院前に自宅訪問や作業所見学などを行い、取り巻く環境の調整を行います。

患者さま一人一人が、自分の力を信じ、自分らしい生活を送れるように一緒に取り組んでいきます。ご質問などありましたらお気軽に、作業療法士にご相談ください。

ページの先頭

広報誌「きょうちくとう」

メンタルヘルス講座

お薬しらべましょ!

食事なんでも相談室